dscf0119.jpg
ヴァリス(フランス語でヴァレー)州のワイン地区は
1.マルティニィからレマン湖までのヴォー州対岸地区
2.フリィからファレンまでのローヌ谷AOC地区
3.AOC地区以北のローヌ谷奥部地区
に大別出来る。

ヴァリス州のワイン生産量は、スイスで一番。この州だけでスイスのワイン生産量のおよそ40%にのぼりる。また、栽培されるブドウ品種は50種類を超え、ワイン愛好者を魅了している。
一昔前は、シャスラを使った白ワイン「ファンダン」の名産地として知られ、ヴァリスは白ワインの産地に分類されていたが、嗜好の変化に伴い、赤ワインの割合が増えて来た。
dscf0101.jpg
赤ワインはピノ・ノワーとガメイを混ぜて作るフレッシュタイプの「ドール」が知られている。ドールワインには、ロゼタイプのドール・ブランシュがある。まろやかで飲みやすく、人気がある。
作付け面積では、シャスラは既にピノ・ノアーに抜かれており、シャスラは州全体の30%に過ぎなくなった。
作付け面積一位は現在ピノ・ノアーで34%。次いで、シャスラ、ガメイ、シルヴァーナ、プティ・アルヴァンと続いている。

ヴァリス州の主なぶどう品種は、白:シャスラ、シルヴァーナ(ヨハニスベルグ)、プティ・アルヴァン、シャルドネ、マルヴォジー(ピノ・グリ)、アミーニュ、ミュスカ、エルミタージュ(マルサンヌ・ブランシュ)、ハイダ等。
赤:ピノ・ノワー、ガメイ、ウマーニュ・ルージュ、シラー、コルナラ
ン、ディオリノワー等。

ヴォー州対岸地区のワインは生産量も少なく、あまり出回っていない。ヴァリス州の主な産地は、ヴァリス州の首都シオンを中心に、ローヌ川沿いの南北に広がる地域で、AOCの呼称が許されている。ローヌ谷奥部のフィスパーターミネンはヨーロッパで一番標高の高いブドウ畑を擁している。

ヴァリスのワインには、非売品で氷河ワインと呼ばれるワインがあるが、これはグレメンツ村の独特なワインの貯蔵によって名付けられたもので、ワイン製法には関わりがない。この氷河ワインの貯蔵法と同じ貯蔵法を用い、製品として販売されているワインにフランス・ジュラ地方のヴァン・ジョーヌが知られている。他にもローヌ氷河で一定期間貯蔵
し、メーカーが氷河ワインと命名したりするものもあるが、これらに統一的な規格はない。